【薬剤師】

薬剤師は薬のプロです。

医療分業が進み、病院や医院の外、薬局があるのが普通の風景になっています。

その薬局にて患者は医師の処方箋を渡し、その処方箋に基づき薬剤師は調剤を行い、患者に薬の説明などを行っているというのが病院や医院にかかっている患者の「薬剤師」に対する一般的なイメージではないでしょうか。

薬剤師は薬局だけにいるのではなく製薬会社にもいます。

薬剤師は、患者さんにお薬を渡すときに、「飲み合わせ」による危険がないかどうかを、いつも確認することも仕事の一つです。

間違いのないよう用意された薬を看護師が患者さんに渡すことになります。

ですので、看護師が渡す段階で間違いを起こしてしまってはいけません。そのためにも、薬剤師と看護師は、しっかりと連絡を取り合うということが大切となっています。

日本でも医薬分業が進み、患者さんが医師の診察を終えたあと、処方箋(しょほうせん)を保険薬局に持っていってお薬を調剤して用意してくれます。

私が今通院している医院も医薬分業となっていて医師からは処方箋を渡されるだけです。

それを薬局に持っていっています。私の場合はアトピー性皮膚炎の治療です。看護師には採血をしてもらうというのがメインになっていますね。

この記事のpoint!
薬剤師と看護師は、しっかりと連絡を取り合い間違いを起こさないようにする。

カテゴリ【共に働く人々】記事一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析