リハビリスタッフ

【理学療法士】

PTともいいます。

リハビリテーションをしています。

仕事内容は、患者さんの基本的な身体の動作能力の回復を目的として訓練と治療を行うことです。

国家資格となっています。

具体的には「基本的動作能力の回復を図るため」の運動療法や、温熱・マッサージ・電気療法などの物理療法を行います。

【作業療法士】

OTともいいます。

国家資格です。

着替え・入浴・食事・洗面などの日常の動作をできるように訓練を行います。

主体的な生活ができるようになることを目指します。塗り絵・お絵描き・木工・園芸などの作業もしています。

【言語聴覚士】

STともいいます。

国家資格です。

病気の後遺症で発声が難しい状態になったり、聞き取りが困難になったりした方などのために、その機能の維持向上のための訓練・検査・助言などを行います。

対象となるのは、吃音や失語症、嚥下障害、言語発達障害、高次脳機能障害などなどです。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は看護とも関係の深い「リハビリテーション」の専門職です。

看護師や医師以外にも、こうしたリハビリのスタッフとも、しっかりと連携と取りながら患者さんのために仕事をすることとなります。

この記事のpoint!
看護師はリハビリテーションスタッフとも連携をとる。

カテゴリ【共に働く人々】記事一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析