【医師】

病気のことを、もっともよく知っていて、医療の中心的存在となっています。

病気について、もっとも詳しいのは医師ですが、患者にもっとも詳しいのは看護師です。

看護師は患者の状態を、よく観察し把握しており、そういった患者さんの情報を医師に伝えるという大切な役割を果たしています。

・私が、ある医院で見た医師と看護師との関係
私が通院していた小さな医院では、医師は、どちらかというとワンマンタイプの印象でした。

昔の医師のタイプとして「俺についてこい」タイプっていうのがあると思いますが、どちらかというと、そういった印象でしたね。

今は、だいぶ変わってきているのではないでしょうか。患者さんに丁寧に説明を行うということが、よい医師の条件の一つとして挙げられるようになっていますよね。

小さな医院で看護師は二人しかいないんだけれど、医師は、その看護師の名前を呼ばずに「看護師さん」と呼んだりしていましたね。

大きな病院で勤めていたときの習慣が残っていたのかもしれません。

ある医院での看護師とのコミュニケーション

そこの看護師は、一人は思いやりがあって気遣いが上手な方で、もう一人の方は明るく陽気な方で、よく話をしてくださって患者としては気が晴れるという気持ちになったものです。

こういった自分の持ち味を活かしたコミュニケーションによって患者さんの気持ちを癒したり元気にしたりすることができるのも看護師の働き甲斐の一つなのではないでしょうか。

看護師は、保健師助産師看護師法により「医師の指示」がなければ注射を打つことができないなど、医師からの指示によって仕事を行うという面があります。

では、看護師は医師の指示がなければ、なにも仕事ができないかというと、そうではなく、患者さんを看護するなかで観察し状態を把握して医師に伝えたり、コミュニケーションをとったりなど、看護師として大切な仕事があります。

この記事のpoint!
医師は「病気」に、もっとも詳しく、看護師は「患者」に、もっとも詳しくなれる

カテゴリ【共に働く人々】記事一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析