【小児科】

海外テレビドラマ「ER」の初期では「ダグ」が専門でしたね。懐かしい…

「ダグ」は子供とのコミュニケーションがうまいというふうに描かれていましたよね。

子供が、どんなことで苦しんでいるのかを知るためには、子供とのコミュニケーションスキルが大切となってくるでしょう。

小児科では、まだ自分の症状を、うまく言い表せない子供たちの心を汲み取ったり、うまく聞き出すという能力が必要とされてきます。

ERのエピソードでは、子供の病気の場合、親などの家族との関係でもめるなんていうことがありました。

そんな家族関係であったとしても、子供のためを思い、うまく対応していくことが必要とされるのでしょう。

小児科は、子供の病気を診るところですから、特に親の協力というのが求められる科でもあります。

親から子供についてのことを質問して聞くことも必要になってきますよね。

看護師が、一人子供に一日中ついて回るわけにはいきませんから、診察時間外の家での様子など聞くことも大切です。

子供に直接聞いたとしても、うまく自分のことを話せないことが多いでしょうから、親に子供の様子は、どんな感じだったのか聞くということが大事となってきます。

また予防接種を行うなどの「予防」も大切な小児科の仕事となります。

この記事のpoint!
親から子どもの様子を聞くことも大事。

カテゴリ【職場について】記事一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析