【内科】

内科では、主に服薬や食事などによって治療をしていきます。

病棟では、
状態が急変した患者の対応を行ったり、
床ずれの防止のために体位を一定時間ごとに変えたり(体位交換※高齢者のケースが多い)、
清拭(患者の身体の清潔を保つために拭くこと)、
患者と付き添いやお見舞いの方とのコミュニケーション
などをしていきます。

治療が長期間に及ぶ患者や一生薬を飲み続けなければならない方、食事制限をしなければならず、好きなものだけを食べるという生活はできないという方など、根気よく治療を行わなければならない方もいらっしゃいます。

患者の方々は、仕事で忙しくて、ついつい自分の身体をことをおろそかにしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方も含めて、患者がうまく服薬や食事制限などを続けていけるよう精神面でのサポートも大切な仕事となります。

入院している患者に、薬を間違いなく確実に服用していただくことと、薬をうまく飲めるようなコツなどをアドバイスすることを「与薬介助」といいます。

よくテレビドラマや漫画、映画なんかで患者が薬を飲んでいるフリをしていて、実は飲んでいなかったなんていうシーンがありますよね。

看護師は、そうしたケースであっても、ちゃんと薬を飲んでくれているかどうか確認しないといけないのでしょう。

あとは、お酒を飲んではいけないのに、どこからかお酒を持ち込んでいて隠れて飲んでいたなんていうのもありますが、実際、ああいうことがあるのかもしれません。そうした方への指導も仕事の内なんでしょう。

この記事のpoint!
精神面でのサポートも大切な仕事

カテゴリ【職場について】記事一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析