プラスアルファ・キャリアアップの資格があります。

看護師は医療の様々な分野で活躍しています。

「看護師」という資格を取得して、看護の業務を行うことで、専門的な分野に興味をもつことや、他の職場で活躍してみたいと希望することもあるのではないでしょうか。

看護師になったら、もうステップアップ・キャリアアップすることはないのかというと、そうではありません。

専門的な知識・技術をもつスペシャリストな看護師になったり、看護師の中の長(看護部長など)となったり、他の分野、介護や教育現場で活躍するようになっている人もいます。

看護師になり、その後、仕事を覚えていき技術などを向上させて仕事ができるようになっていくと、看護師になる前には想像していなかった分野に興味が出てくるかもしれませんよね。

病院だけではない。看護師の職場。

看護師の職場は、病院や医院だけではありません。

教育、地域、介護、企業などにも活躍の場はあります。

海外で働く選択をされた方や国際緊急援助活動に参加したりという方もいらっしゃいます。

看護師という資格は、自分の能力を高めていき、興味のある、やりがいのある分野にも進んでいく道のある資格となっています。

看護の分野でも、現代は、ますます高度で専門的な知識や技術が求められるようになっています。

看護のスペシャリストや他の分野で取得できる資格には、どんなものがあるのか紹介していきます。

専門看護師・認定看護師・保健師・助産師・ケアマネジャー(介護支援専門員)・養護教諭 などがあります。

病院内でのキャリアアップということなら、、病院内の多くの看護師をまとめる総責任者の役目を担う「看護部長」になるというのも一つの目標となるでしょう。

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析