認定看護師

認定看護師とは、ある特定の看護の専門分野においてスペシャリストと認められた看護師のことです。

日本看護協会というところが毎年一回、認定看護師認定審査を行っています。(2011年5月現在)

こちらの日本看護協会のホームページにて、教育機関や認定審査についての解説が掲載されています。
http://www.nurse.or.jp/nursing/qualification/nintei/index.html

認定される分野は、たくさんあり、増えてきています。

分野名は、「救急看護」「小児救急看護」「感染管理」「がん性疼痛(とうつう)看護」「がん化学療法看護」「がん放射線療法看護」「乳がん看護」「手術看護」「不妊症看護」「緩和ケア」「集中ケア」「皮膚・排泄ケア」「糖尿病看護」「摂食・嚥下障害看護」「透析看護」「新生児集中ケア」「認知症看護」「訪問看護」「脳卒中リハビリテーション看護」「慢性呼吸器疾患看護」「慢性心不全看護」
(2011年4月現在)

認定看護師になるには

5年以上の実務経験・実務研修があること
そのうち3年以上は、希望している認定看護分野で働いている

6ヶ月間、615時間以上の教育課程で集中して勉強
筆記試験による認定審査を受ける

合格後、登録手続きを行い認定看護師と認定され認定看護師となる

認定看護師となってから、5年ごとに更新をしなければいけません。

看護実践時間が2000時間以上あることや、自己研鑽(研修プログラムや学会参加・発表・論文発表など)の実績が50点以上あること(日本看護協会のHPの「認定看護師」のコーナー【http://www.nurse.or.jp/nursing/qualification/nintei/index.html】にて、ポイントとなる自己研鑽の内容・詳細が公開されています)ポイントとならない学会もありえるということですね。

日本国の看護師・保健師・助産師の免許を有することが更新審査の受験資格となります。

自己研鑽のポイントとなる学会や研究会などのリストは、「日本看護協会」の
http://www.nurse.or.jp/nursing/qualification/nintei/index.html
のページのPDFにて公開されています。

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析