保健師

保健師のメインの仕事とされるのが、地域の住民、お年寄りや子供たちなどの健康診断、健康相談・アドバイス、健康管理などを行うことです。

家庭を訪問して、看護の方法を教えるという仕事もしています。

保健師は、全国の保健所や役所などで公務員として働いていることが多いです。

他にも、訪問看護ステーション、企業の社員の健康管理をするところや、病院などで働いています。

昔は「保健婦」という名称があり、女性だけが資格を取得可能でしたが、その後、男性も資格取得可能となり「保健師」という名称が定着していきました。

資格取得のプロセス

保健師学校で一年間勉強した後に、保健師国家試験を受験して合格すれば「保健師」の資格取得となります。

4年生の看護系の大学などでは、看護師と保健師両方の受験資格を取得できることが一般的となっています。

つまり、看護師と保健師の勉強をする4年生の看護系の大学を卒業した後に、保健師学校に行かなくても保健師の受験資格があるということですね。

保健師資格を取得できれば、申請することで「養護教諭(2種)」の免許を取得できるとされていましたが、今後は、なんらかの変更がある可能性があるようです。関係機関に要確認です。

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析