看護師の組織について

看護師の組織は、どういうものになっているのでしょうか。

一般の会社なら課長とか部長とかの役職がありますよね。看護師の世界にも、そうした役職にあたるものがあります。

ではどんな役職があるのでしょうか。

看護部長・看護師長・看護主任などがあります。

一番上が看護部長、続いて看護師長、看護主任となります。

看護部長

病院によっては総看護師長というところもあるようです。

看護部長は、病院全体の看護師をまとめる看護部門の責任者です。

400人以上や1000人ぐらいの看護師の部下を持つという看護部長もいます。

たいへん大きな責任のある管理者ですね。

看護師たちの最終的な責任者です。病院全体のことを見ています。

看護師が、よりよい看護を行うことができるようにしていくために仕事環境を整えることや、看護部門を代表して話をする、他の部門との調整、会議、指導などなどの仕事をしています。

副院長兼看護部長になっている方もいます。

看護師長

各科の看護師をまとめる長です。

看護師の組織の中での中間管理職ですね。現場の看護師の意見を上にあげる判断をしたりなどなど、現場の看護師にとっては、身近な上司となります。

主任

看護師長のサポート・スタッフの意見をまとめる・直接患者さんのケアを行うなどなど、現場での看護に多く関わりながら看護師たちの相談にのることや意見を聞いたり上からの方針を伝えるなどのこともしています。

チームワークの力を発揮するためには、主任が頼りがいがあり信頼のおける人であるのも大切なことの一つですよね。

こうした管理職側のポストにつくためには、やはり人柄や人格、尊敬される、人望があるなどの人間としての能力も求められると考えられるでしょう。

看護部長や看護師長、主任、看護師ぞれぞれの持ち味や能力を引き出し、チームワークによって、よりよい看護の力を発揮できるように環境を整えていくことが大切ですよね。

他にも副看護師長・主任看護師・准看護師・看護助手などなどの名称があります。

この記事のpoint!
管理職には人望があるなど人間としての能力もあるほうがいい

カテゴリ【勤務関連について】一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析