お給料について

・手当て(夜勤・残業など)
平均的な看護師の初任給でいうと、一般的な会社の初任給よりは高いとされています。

看護師の場合は人間を相手にした命をあずかるという大きな責任のある仕事であることや夜勤で深夜にも働かなければならない職場もあることなどを考慮すると、この給与の状態では不満があるという意見をもつ方がいるのも事実です。

看護師長、看護部長となっていくとお給料は、もちろん昇給となっていきます。

大学病院や診療所、介護施設など、働く職場によっても給料に違いがでてきます。

病院勤務で夜勤を月に看護師には夜勤手当がつくというのが特徴として挙げられます。だいたい3000円から4000円ぐらいの手当てとなるようです。

看護師という仕事は人の命を預かる仕事であり、働く時間は終わったから、さっさと帰宅するというわけにはいきませんよね。

ですから残業をすることも多いでしょう。

残業手当というのはありますが、残って働いた時間全てに手当てがつくわけではないのが現実です。看護師でもサービス残業というものはあるようです。

この記事のpoint!
初任給でいうと一般的な会社よりは高いとされている。

カテゴリ【勤務関連について】一覧

全カテゴリ一覧

▲TOP

サイトMENU

Copyright (C) 看護師になるには。憧れの仕事への第一歩を踏み出そう。. All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析